FC2ブログ
05
2018

樹皮培養土

CATEGORY未分類
こんにちは。
いつも拝見してるブログの方々やインスタの外人兄貴共が床材に樹皮培養土を使われているのを見て、そういえば使ったことないな〜と僕も真似したくなって去年の冬から色々な飼育種に使ってみました。



今使っているのは、チャームで販売している「クリプトモス」です。
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=04&catId=1505100515&itemId=213090

サイズがS・M・Lとありますが、僕はSサイズとMサイズを種によって使い分けてます。(チャームだと容量が8Lのしかないので、別の会社の16Lのとかこれから試してみたい)




IMG_0910PS.jpg

右が”Mサイズ”、左が”Sサイズ”です。



IMG_0914PS.jpg

”Mサイズ”
繊維の細かさはこんな感じです。割と粗い。



IMG_0917PS.jpg

”Sサイズ”
Sになると途端に繊維が細かくなります。触った感触は粗目のピートモスに近いかもしれません。




半年以上使ってみましたが、個人的にはとても使いやすいです。保水性が程よくて、湿度を好むトカゲ類には向いていると思います。また、カビにくくて臭いも抑えられるので、ヤシガラなんかより扱いやすいようにも感じます。ただ、繊維質な用土だけあって、繊維が大きいと若干掘りづらそうですね。抱卵した個体や土掘り返す奴には”Sサイズ”、地面に降りない樹上性のヤモリ類には”Mサイズ”といった具合に僕は使い分けています。(クチサケヤモリ・サキシマカナヘビが産卵してくれましたが、Sサイズで特に問題なさそうでした)

針葉樹の樹皮だからなんかまずい成分とかあるのかと不安でしたが、どれも死んでないしまぁいいやって思っています(笑)。




IMG_0860PS.jpg

IMG_0867PS1.jpg

IMG_0931PS.jpg


現在は
・ヒルヤモリやクチサケヤモリなどの樹上性ヤモリ
・イロワケヤモリやチビヤモリなどの湿潤系の半樹上性ヤモリ
・クサカナヘビ属などの樹上性カナヘビ
といった湿度を好む種類には基本使っています。


あと(今年妙に流行った?)キャットゲッコーやキョクトウトカゲモドキ類、ヘラオヤモリ類とかには結構向いた床材なんじゃないでしょうか、飼ってないから適当ですけど……(笑)。
しかし、ササクレヤモリなどの乾燥気味を好むランドゲッコーにはもちろんですが向いていないと思います。この辺の種類には素直に乾きやすいヤシガラとか使った方が無難ですね。




最後に全く話変わるのですが、ハエの培地ってやはり市販のだとどれが良いのですかね。今だにケチって自分でテキトーに作っているのですが臭いがそれなりにキツくてもう……。スーパーでマッシュポテトの素を買い漁るのもそろそろ恥ずかしい。


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment